HOME > SERVICE > DAYSERVICE


放課後等デイサービス (ヘマケア)


"それぞれの一歩をそれぞれのペースで自分らしく居られる場所"

放課後等デイサービスの役割


平成24年の法改正により、障がい児童の放課後の通所サービスは、児童福祉法が管轄するようになりました。「へマケア 』では、この新しい児童福祉法に基づき、「放課後等デイサービス」をご提供いたします。


もちろん、保護者の方や学校、他の福祉サービス事業者との連携を密にし、お子様にとってよりよいサービスの提供ができるよう、常に努力してまいりたいと存じます。


放課後等デイサービスでは、障がい児が 必要とする、 日常生活における基本的な生活動作の指導、集団生活へ の適応訓練などを行います。放課後活動的な側面もあります。障がい児の学童保育と言うと分かりやすいかもしれません。

利用対象者は、療育の観点から個別療育・集団療育を行う必要が認められる児童です。特に「愛の手帳、療育手帳、身体障害者手帳」をお持ちでなくても、必要と認められれば利用することが可能です。

ご利用の際は、お住いの地域の福祉事務所に相談いただき、「障害児通所受給者証」を発行してもらってください。


> ご利用の手続き
> 放課後等デイサービスの1日
> ヘマケア療育プログラムの一例